FC2ブログ
2012-04-25 (水) | Edit |
本当は金曜日の受診予定ですが、金曜日は車検に授業参観に、と

忙しいので、今日受診してきました。



 今日は調子が良くない

 朝は起きる事ができ、家事もできる

 なんとなく気持ちが沈んでいる

 胸がおかしいのがずっと続いている

 食欲がないときがある

 まぶたが重く、右目だけ二重が一重になってしまった


こんなことを話すと、

「まぶたは、むくみかな??リンパマッサージだな^^」

と明るく言われました^^



今日の受診、いつもと違ったのは、採血したことです^^

先生は、私が看護師とわかっているので、

物品の準備をしながら


「何か、違ってることがないかい?」


と質問してきました。


私は、物品が足りない、とか位置が違うのかな、とか色々考えましたが、


「あ、先生がやるんですね^^」


と言うと、


「そうなんだよー、看護師いないからさぁ、先に言っとくよ、
  おれ、下手なんだよなぁ^^」


「私の血管、出やすいから、大丈夫ですよ。」


「そういって、プレッシャーかけるなよぉ~~」


と、先生。



いやいや、上手にできていましたよ(○v艸v*).+
失敗しなかったし。


と上から目線。。。



心は一日どんよりでしたが、ちょっと元気になれた瞬間でした。




今回の処方(アモキサン増量しました。)
  
 アモキサンカプセル25mg 1カプセル 1日3回 毎食後
 ユーパン(ワイパックス)錠0.5mg 1錠 1日3回 毎食後

 レドルパー錠(レンドルミン)0.25mg 就寝前
 ビビットエース錠(ロヒプノール)1mg 就寝前



↓クリックお願いします^^感謝です
にほんブログ村 病気ブログ 月経前症候群・不機嫌性障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント:
この記事へのコメント:
こんばんは。
 体調大丈夫ですか?
 お母様のことが心配も重なってしまったんでしょうね。。。あまり抱え込まないでくださいね。

 私は看護師さん泣かせの血管の持ち主です。
 母も姉もそうなんですが、何度も針を刺されて、探られて、手を変え位置を変えても、出ない時があります。
 もう申し訳ない気持ちでいっぱいです。。。

 採決の痛みには私は強いのですが、看護師さんは本当に気の毒なほど申し訳ないって顔してもらっています^^;
2012/04/25(Wed) 21:31 | URL  | sachiko.t #-[ 編集]
最近、ようやく血管が出るようになりました。
それまで、私の採血は、スペシャル看護師の登場だったのですが。。
刺したまま、血管を探されるプロもいらっしゃいます。
看護師さんって、偉大だと思います。
2012/04/25(Wed) 22:24 | URL  | らしんばん #-[ 編集]
前にも同じようなことを書きましたが、なんかいい先生ですね。
患者の気持ちをすごくわかってくれているんだと思います。

笑われるかもしれませんが、わたし注射針が突き刺さる瞬間の
"チクッ"が苦手で、ついウッとか声が出ていつも看護師さんに
「大丈夫ですか?」と聞かれてしまいます。
いい年して恥ずかしい話です。
2012/04/26(Thu) 12:38 | URL  | まーるまー #-[ 編集]
sachiko様
今日は1日横になって過ごしてしまいました。
何もできませんでした。
でも、大丈夫、先ほど復活しました^^
夕飯も簡単なものですが、作りました。

sachikoさん、血管でにくいんですね、私も泣くかもですね^^
そういう時は先輩にバトンタッチです(笑)

血管出なくて何度もする時は、看護師も患者さんに申し訳ない気持ちでいっぱいになりますよ~
何度も痛い思いさせてしまって。。。と。

2012/04/26(Thu) 17:53 | URL  | 空の都 #-[ 編集]
らしんばん様
スペシャル看護師^^いいですね。
私もそんな風になれれば。。。

私も先輩看護師から、刺したまま血管を探す方法教えてもらいました!!
さっぱりわからずできませんが。。。

これから経験積んでいきます!!
2012/04/26(Thu) 17:55 | URL  | 空の都 #-[ 編集]
まーるまー様
いい先生だと思います^^
なのに、今日も自分の症状をあまりうまく話せませんでした。
来週はノートごと持っていこうと思います。

採血で「ウッ」と言われたら、びっくりするかもですね^^
痛かったかな??とか思っちゃうかもです。
2012/04/26(Thu) 17:59 | URL  | 空の都 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: